多肉植物と一年草

最近は多肉植物が女性の間で流行っているんだそうで、お花屋さんだけでなくスーパーマーケット、おしゃれな雑貨屋さんなんかでも販売されています。たしかに頻繁にお水をあげる必要がないのは魅力的ですね。虫も付きにくく、とげとげとした見た目通り、結構強いものが多いのだそうです。オブジェとしてもおしゃれなので、ちょっと奇抜なものが好きだという方からも絶大な人気を誇る多肉植物ですが、私個人としてはちょっと味気なく感じています。

というのも、小さいころは田舎の方で育ったので、やはり小さくて可愛い新芽が出てきてにょきにょき成長していく草花が好きです。花が散って枯れてしまうのはちょっと寂しいですが、それも季節の移り変わりを感じられて、この年になるとなんだかしみじみとするものです。

最近は子どもの持ってきた朝顔の種を収穫して毎年少しづつ増えていくのが楽しみです。結局世話はお母さんになるのですが、もはや趣味といってもいいくらいなので、毎年種を植えたり花が咲くのを心待ちにしています。夏の早い時間に起きるのはちょっとしんどいですが、規則正しい生活は夏バテ対策だと自分に言い聞かせて、頑張っています。虫を発見すると跳び上がりますが、割りばしで凌いでいます。